必要な部分

照明

歯は常に健康な状態であるのが望ましい

歯は人間の体の中でも重要な役割を皆う部位のひとつです。なぜならば、人間の生活に食事は欠かせないからです。その食事を噛むのは歯の役目です。咀嚼は健康な歯によって行われるのが理想とされています。 虫歯などの不健全な歯で食事をしても、その部位がしみたり痛みを感じたりしたのでは食事は楽しめません。食事を楽しめないという事は人間生活を楽しめないという事と同義です。それゆえに、歯は常に健康な状態であるのが望ましいのです。 歯を丈夫に保つためには日々のセルフケアはもちろんですが、プロの歯科医による定期歯科検診が必要になります。歯には虫歯になりやすい部位があり、それは毎日の歯磨きだけでは完全に対処する事は不可能だからです。

3か月に1回は歯医者に行く事

虫歯になりやすい個所は主に歯と歯の間です。ここに食べカスが付着してしまうと歯ブラシだけで取り除くのは困難を極めます。食べカスの除去率を100段階の数値で表すならば、歯ブラシを用いたブラッシングは50、それにフロスや糸ようじを用いたケアを加えてやっと90ほどになると言われています。 残りの10は歯科医による定期歯科検診などで取り除かなければなりません。このわずか10を長期間放置しておくと、それが虫歯の遠因となってしまうからです。 虫歯になってから歯医者に通うのは時間的にも金銭面でも非常に面倒で負担がかかります。虫歯を作らないために定期的に歯医者に通うのが最善策なのです。3か月に1回ほどのペースで通うのが良いでしょう。