歯の病気

器具

虫歯は誰もが嫌いな病気

虫歯は誰もが嫌いな病気のひとつです。虫歯になったら痛みを伴いますし、それを治すためには歯科治療を受ける以外に方法はありません。虫歯と歯科治療の両方に恐れを抱く人も多いでしょう。 しかし虫歯になりたくなかったら、積極的に歯医者に通うべきなのです。むしろ虫歯になってから歯医者に足を運んでも遅すぎるくらいなのです。先見の明を持つ人は虫歯予防のために3〜4か月に一度は定期歯科検診を受けています。 なぜならば、自分1人で行うセルフケアだけでは完璧な虫歯予防は不可能だからです。 虫歯になりやすい個所は噛み合わせの表面部分と歯と歯の間と言われています。ここに溜まった食べカスなどは専門の歯科医によるケアでないと完全に除去しづらいのです。

初期虫歯なら治療は楽になる

虫歯はその進行の度合いに応じて施す処置も変わってきます。初期虫歯であるならば歯を削ることなくフッ素塗布による再石灰化が期待できます。それとは反対に、神経まで虫歯が進行してしまった場合には、麻酔を用いた根元の治療が必要になり、抜歯に至るケースすらあり得るのです。 虫歯が酷ければ酷いほど、その治療には複数回にわたる通院とそれに伴う経済的負担が生じてしまいます。定期歯科検診を受けていればその様なケースに見舞われる確率は大幅に減るのです。 歯科医によるプロフェッショナルケアは虫歯の早期発見が可能です。また虫歯を作らないための健康管理指導も行います。口腔内の状態は個人差があるので、その人に合った保健指導を施してくれるのです。